パン屋バイトは夢がある!

226519a67e052d14102dfe1db8011a90_s

パン屋さんってなんとなく素敵なイメージがありませんか?

だって、パンを食べるたびに美味しさが口の中にひろがるんですもの…

そんなおいしいパンがある中で働くと、今までとは違った見方や人生経験ができる!

と私は実感できました。

どんなふうに変わるのか?お話していきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大

なぜパン屋を選ぶといいの?

バイトでもいろいろな仕事がありますよね。

たとえば

  • デスクワーク
  • コンビニ
  • ウエイトレス、ウエイター
  • 宅配
  • レジ
  • 工場、内勤

などと出しきれないほどのバイトがあります。

でもこの数多いバイトの中から何を優先して選ぶかというと

ほとんどの方は、お金が目的ですよね。

お金だけを考えるなら、効率のいい高額バイトを探せばいいと思います。

でもお金だけじゃなく、自分の興味があることをしたいって思っている方はぜひ、その仕事をしていただきたい。

私も高額バイトにひかれたことがありました。

実際に体験した高額バイト

テレアポと呼ばれている宅配の電話受付業務 時給1300円 9時~5時(多少残業あり)

のバイトをしたことがあります。

まず研修があり、マニュアルを叩き込まれます。

電話の受け取り方、話し方、電話の切り方、など基本的なことから指導されます。

でもこの基本は、どこで働くにもためになるのでとても勉強になりましたが、

いざ、仕事をしてみると淡々としていて、なんの喜びも感ませんでした。

お客様から、荷物が届いてないのクレームも多く、電話に出た私に不満をぶちまける…といった役目にもありました。

一日、何十件とクレームがあると、自分がミスったのなら我慢できますが、さすがに限界を感じてきました。

流せる人はいいですが、私には無理でした。

なぜなら、私にとって何も得るものがなかったからです。

仕事は、マニュアルどおりにこなせば良かったので、それ以上のことは求められませんでした。

こうなると、お金だけを考えて我慢するか?やめるか?の選択に入るんです。

ここでおばさんになるまで働けるかを想像してみて、やっぱり無理だ!と思ってしまったんです。

せっかく仕事するなら、自分がやってみたい職業について夢を追ってみたほうが、かっこよくないですか?

パン屋では、パンの技術が覚えられ、いろんなことにチャレンジできます。

お金は決して高額ではありませんが、修行代と思えば納得もいきます。

いずれ、自分のお店を持つ…という夢があればどんなことでもやっていけます。

パン職人になったら

パン職人の年収300万円前後と過去を見ても、それほど変わっておらず、安定しています。

そうなるとお給料は、だいたい23万円前後となり、けっして高額ではないです。

しかし、いずれお店を持つことを考えれば、修行場として働いていれば、それほど安いなんて思わなくなります。
そして実際パン屋を開いた場合、

うまくいけば、パン屋で働いてた年収より100万円アップも現実になります。

さらに有名になれば、年収600万円も夢ではないんです。

しかしここまで来るには、いろいろな経験やセンスも必要です。

まわりと同じように働いていたら、そこそこのパン屋となってしまいます。

そこそこのパン屋でも経営できてればいいですが、今の世の中続けていくのは厳しい世界になっています。

やはり他とは違ったモノやセンスで勝負しないと、年収600万円のパン屋には届きません。

ですから、早いうちからパン屋で修行して、いろいろな経験やセンスを磨くことが夢への一歩となるわけです。

さあ、その一歩を踏み出して人生を変えてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする