パン屋バイトとコンビニバイトではどちらがいいの?

3e696bca5cf09eff6bb75429613b01c6_s

次のバイト、パン屋とコンビニ・・・どっちにしようかなぁ?

とバイト探しにさしかかっているアナタ!真剣に考えてから申し込まないと後悔しますよ!

バイト探しの基準は時給や時間帯、近所なのかどうか・・・というだけではありません。

そこで今回は、管理人が経験してきたパン屋さんとコンビニのバイトを各方面から徹底的に比較してみました!

パン屋かコンビニか迷っている方必見です。では早速、見てみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大

パン屋とコンビニのバイト比較 【見つけやすさ編】

コンビニのほうがパン屋に比べて店舗数は多いし、求人もだいたい募集をかけていますね。

しかも都内に関しては、家から歩いて何分…のところにお店があったりするため、

アルバイト募集の張り紙が見れるかと思います。

また求人広告でも、コンビニバイト欄は多いです。

なので、

コンビニのほうが手っ取り早く探し当てることができるというわけです。

それに比べ、パン屋のバイトを探すとなると…

自分で見つけるか?
フリーペパーの求人情報か?
ネットで探すか?

になるとかと…。

まず、自分で見つけるとなるとなかなかパン屋さんって近くになかったりしませんか?

もし仮に探し当てたとしても、

現時点、スタッフが間に合っていたりして、なかなか募集のタイミングが合わなかったりすることがあります。

次に、よく店頭においてある地域のフリーペパーですが、これもパン屋バイトを探すとなると、

コンビニに比べ断然情報が少ないです。

やはり、ネット検索の方が募集情報が簡単に調べられるので楽でいいかもね。

コンビニとパン屋の仕事の違い

efb6df0c3f82b38e5a41586bf74136ef_s

コンビニの場合

レジが基本…包装されてる商品にはバーコードがついてるので、ほとんど名前や値段をすぐに覚えなくても
簡単にレジができてしまう。

袋詰…温めたものと別に分けたり、スプーンや割り箸をつけることを尋ねる。

接客…最低限のあいさつ

その他の仕事では、商品管理、陳列、在庫管理、店内清掃、トイレ掃除
さらに、コンサートなどのチケット発券業務、宅配便の受付、配達サービス
またコンビニによって、おでんの準備、揚げ物をあげたり、ソフトクリーム、スムージーなどといった軽食作業もある。

このように、業務内容は数多くあり、取り扱う商品もかなりある。
はじめは、レジ操作や、商品の配置などを覚えることからスタート。

パン屋の場合

同じ販売で比較してみると

レジが基本…パン屋の場合、商品名は必ずおぼえる。
値段は、レジによって商品名を押すだけのキーなら覚えなくても大丈夫。電卓式のレジだと値段も覚える。
そのため、レジは覚えてからでないと入れない。

袋詰…パンは柔らかかったり潰れやすいので、丁寧に扱わなければいけない。

接客…最低限のあいさつ、焼き立てをおすすめする、新商品の紹介など

その他の仕事で、トレートングの消毒、補充、焼き立てパン出し、パン台の整理、パンの補充
パンのスライス、店内清掃、パン屋によって製造補佐もある

はじめは、パンの種類、商品名、値段、特徴、パンの配置を覚えることからスタート。

時給や時間帯のちがい

コンビニの時給・・・関東の場合、900円前後
深夜、早朝では1000円以上にアップ

時間帯・・・1日3時間~OKのところが多く、週1~入れる

パン屋の時給・・・関東の場合、大手チェーン店では900円~1000円
個人店では、850円前後
早朝手当で50~100円アップすることもある

時間帯・・・早朝からお昼までの時間帯の募集が多く、時間応相談になっている。

比較してみて…

コンビニではいろいろな商品を扱っているため、レジ、受付業務、商品管理と幅広い仕事となります。
そのため、作業が多くやることがつねにあります。
裏方作業では、トイレ掃除やゴミ出しなどもあるので、頭に入れておきましょう。
コンビニ商品は、パーッケージに材料や成分がかいてあるし、そのお店で作っているわけではないので、詳しく聞かれることがほとんどない。ですから、お客様とは一定の距離感で接せます。
オーバーに言うと、そんなに愛想がなくても、世間話ができなくても務まります。
そしてパン屋では、パンの名前や特徴を必ず覚え、お客様の対応に心がけます。コンビニと違って、ここのパンをわざわざ買いに来ているわけですから、お客様を第一に考え、接することでお店の評判をよくし、売上につながることになります。どこのパン屋でもこの接客は重要な仕事とされています。
実際、お客様から「ここのパン、おいしい~」なんて言われることがあると、自分は作ってないけどこのお店の一員である実感が出て、嬉しくなります。
また、「このパン、マズイ」と言われたら、やはりいい気分にはなれませんが、
ここで何がいけないんだろう?と疑問に思い、製造と一緒になって意見を出したり、解決したり…
と美味しいパンを提供するお店の一員となって働けるんです。

最終的にどっちがいいの?

一見、コンビニは楽なイメージで、パン屋は忙しくて大変そう…と思っている人が多いと思いますが、

コンビニはコンビニで、多種多様な作業があるのでやることが常にあります。

パン屋は、お昼前後と夕方の混雑ピークがあるので、この時間帯はどうしても忙しくなります。

どちらの仕事にしても、レジの合間に他の作業をするのは同じなので、どちらが楽ということはないです。

しかしパン屋で働く方が、パンに詳しくなったり、お客さまとのコミュニケーションも勉強になったり…

そしてなんといってもパン屋では、その場でパンを作っているので、パンに興味が湧いてきたら

パン製造にも移れるチャンスがあるってことです。

これはコンビニではないことですね。

どちらにしても、自分に有利になるバイトを選んでくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする