パン屋バイトで人間関係が大変だった体験談!

cb44f34e2846f1340be3d2207c1d5d89_s

今回は、私がパン屋でバイトしたお店のリアルな体験談を書いていこうかと思います。

本当にいろいろなお店をバイトすると、(特に個人店ですが)おもしろばなし、恐怖ばなし、悲惨ばなし…などなど盛りだくさんにネタがあります。

パン屋バイトで悩んでいる方にはちょっと…という内容かもしれませんが、こういうこともあるので興味があれば読んでみてください!

スポンサーリンク
レクタングル大

悲惨!やりてのパン職人、だれからも愛されないわけ?!

先輩、佐藤さん

私がパン屋バイトをはじめたときに知り合った女の先輩のことをお話しましょう。

その先輩の名は佐藤さん。

私がパンのことを全く知らない未経験者にもかかわらず、細く教えてくれたやさし~い先輩。

と思いきや、かなりのクセモノ。

はじめって覚えることがたくさんあり、なかなかのみ込みが悪かった私に佐藤さんはだんだんイライラしはじめてきました。

怒りがマックスになった瞬間

「何度同じこと言わせるんだ!」
「もっと真剣に仕事して!」

と、今まで聞いたことがない怒鳴りよう。

そういえば、私以外のスタッフには、ちょこちょこ怒っている場面を見たことがありましたが、自分には関係ないことだったし、そんな余裕がなかったのでスルーしていました。

でもいつか、私もそろそろ怒鳴られる日が来るんだろうな~なんて感じてはいたものの、

まだ入って2日目だし…

なんて余裕でいたら、突然の怒鳴り声が…まるで雷でも落ちたみたいに…

その時は、なんとかあやまっておさまりましたが、その後はもう地獄のようでした。

こんな感情女、今まで見たことない!

佐藤さんのプロフィールをざっくりあげてみると

  • 28歳
  • 独身
  • 彼氏ナシ
  • 一人暮らし
  • お酒好き
  • パン歴5年

とまあ~、ありがちな仕事命人間。

私に本性を表したとき以来、ターゲットになっちまいました。

機嫌のいい日と悪い日でこんなにも違うのか…と誰もが感じてるほど

二重人格なの?(ヤヌスの鏡!知る人は知ってる昔のドラマです)

というくらい人格が変わってしまいます。

機嫌のいい日だと、口調から違います。

まず、鼻歌なんか歌ったりして残った仕事も楽しそうにこなしていきます。

なんか昨日、いいことでもあったのかぁ~と思うくらい機嫌が良すぎて逆に気持ち悪い。

でも機嫌が悪いよりはいいかも…

とはいっても、ずっと怒らない日なんて稀です。

実際、悪い日がほとんどです。

例えば、自分の思うように仕事が進まないとまず、ものに当たります。

軽めでは扉関係・・

冷蔵庫、オーブン、入り口などの扉を思いっきり閉める

私は心の中で、(壊れるっツーの )なんて叫んでいるが口に出せない状態。
だしたら、何されるかわからないもんで…

重めではゴミ箱、物を投げる・・

ちょーイライラしてる時(女性特有のあの日なのか?)は、近くにあるゴミ箱を蹴っとばしてゴミ散乱させたり、しまいにはパン生地を投げたりします。

あっ、この散乱ゴミやパン生地の掃除は最終的に私がやりますけど。

こんな女いやや…

人にあたる・・

だれかがちょっとしたミスをしようものなら、その人に恐ろしいほどの罵声が…
私がミスしたときにいわれたことでは

「オメーみてえな者があしひっぱってんだよー」
「こんな仕事するならやめちまえ」
「オメーにはこの仕事むいてないんだよ」

などいっぱいありやんす。

とくに自分より年下で、あとから入ってきた人にはかなりの強気態度。

また、自分の先輩にあたる人や店長には、そこまで言いませんが、気にくわない事があるとムスッとしています。

特に店長には

「そんな仕事、急にいわれてもできません」
「いっぺんに言われても無理です」

というように、あなたなに様ですか?と思うような態度です。

店長もホトホト困っていましたが、やめさせるまではできませんでした。

こんな気性が激しい人と一緒に仕事していると、みんなが振り回されてしまい精神的苦痛しかありません。

店長、うつになる!

佐藤さんの性格は

  • 気性が激しい
  • 気分屋
  • 自分勝手

などなどかなりのクセモノです。

そんな佐藤さんはだんだんエスカレートして、店長をバカにしはじめました。

「店長なんて名ばかりでなにもできないじゃん」
「あんな店長だから売上が悪いんだよ」

などと悪口をいうようになり、さらに店長がいるのに店長を邪魔者扱い。

店長もうすうす、この佐藤さんには勝てない…と感じていたんでしょう。

それからというもの、店長の体調が悪く休みがちになってしまいました。それをきっかけに、佐藤さんを更に凶暴化させてしまったのです。

店長代理として仕切るのはやはり、佐藤

佐藤さんは嫌な性格だけど、経験豊富で仕事ができるため店長に変わって店を任されることに。

この間は、仕事に行くのがいつもドキドキ。

佐藤さんの機嫌を損ねないように、常にみんなはピリピリ状態。

こんな状態では楽しく仕事もできない。ただ、佐藤さんの機嫌とりをしているかのように働いてるみたいな日々でした。

そんな嫌な日が続いたある日、やっと店長が顔をだしてきました。
良かったーと私はホッとしてしまったのです。
なぜなら、店長しか佐藤さんに言えないからです。

でも店長の顔を見たら、顔色はかなり悪く病気にしか見えません。

私が

「どうしたんですか?どこが悪いんですか?」

と聞いてみると

「うん、まあ~」

としか答えてくれませんでした。

これは明らかに精神病です。

病んだ人の顔つきでした。

これはまさに、佐藤地獄に落ちてしまったのです。

このままだと佐藤さんの天下となり、自分のヤリたい放題になってしまう…

佐藤、ついに行動を起こす!

なぜ、店長をいじめるのかというと、その前は新人の私が対象だったのですが、なんとか仕事をはやく覚えたものでいえる相手がいなくなってしまったわけです。

店長というと、そこそこのイケメンで35歳妻子持ち。
スタッフにもフレンドリーに接してくれて、何でも話しやすく人気者でした。

3a423a7107d6e7411def9f9c7ef329a7_s

そんな店長ですから、佐藤さんが何かにつけて飲みに誘っていました。
でも店長はみんなとは参加するけど、二人っきりの誘いは断っていたらしいです。(当然ですよね、既婚者ですから)

そんなのはおかまいなしに、スキあれば店長の手伝いをしたり、残業して一緒に帰ったり…と
店長のこと「好き好き光線」でちゃってますって感じ。

が、ある時、ついに佐藤さんは行動に出てしまったのです。

店長を呼び出して、

「どうしても仕事のことで悩んでいることがあるので話だけでも聞いてもらえませんか?」

と、ズルイ誘い方をして連れ出したのです。

ファミレスということもあり、店長も安心して行ったはいいが、先に来ていた佐藤さんはお酒をすでに何杯か飲んでいて、少し酔っていた感じ。

佐藤さんの酒癖の悪さは有名で、酔っ払うとなれなれしくなって強引に連れ回します。

しかも、大声になるわ、騒ぎ出すわ、泣いてしまうわ…一人じゃ帰れないこともしばしば…

この酒乱女の実態を知っていることもあり店長もさすがにまずいと思ったらしく、他のスタッフを呼びだしたそうな。
そのスタッフが来る間、佐藤さんはついに告白したそうです。

でも結果はみえみえで、

ねるとんパーティーの「ごめんなさい」状態。

まあ~要は、佐藤さんが惚れちゃった…けど、相手にされず逆恨み。

っていうか店長にとってはいい迷惑。

そんなことで、店長と佐藤さんの関係がメチャクチャ悪くなってしまったということなんです。

これは私がこのお店に入るちょっと前の話。

でもこの話を他のスタッフに聞いたとき正直、佐藤さんって、ものすごい自信家。

だって、結婚している相手に告るんですから…しかも、他のスタッフからも脈あり?にはみえない状況だったそうですよ。

そうまでして告白するって、

よっぽどの自信があったのか?
些細なことで勘違いしちゃったのか?

どっちにしてみても、相手の事や後のことは考えずに、はっきりさせないと気が済まなかったんでしょうね。

そんな一見以来、他のスタッフからは避けられポツン状態。
だから新人のわたしにしか行き場がなかったんじゃないかと…

佐藤、お店やめる!

はじめの佐藤さんの印象は、仕事をバリバリしてパンのことも詳しくてかっこいいな~と。

でも実際は、仕事ができるからって周りのことを考えず、感情のまま行動してしまう。それによって、みんなが迷惑している自分勝手女としか思えなくなってしまいました。

やはりリーダーになる人は、パンやお店の売上はもちろんですが、スタッフの事やお店の雰囲気まで考えないといい結果が出せないのです。

それというのも、佐藤さんが店長代理で何日間か任されていた間、スタッフの間でチラホラ佐藤さんについていけないとなり、休む人、辞める人がでてきて結果的に売上が落ちてしまったのです。

さすがに佐藤さんもこの状況に気づいたのか、一時はみんなに当たり散らすことを押さえていました。
けれど長くは続かず、イライラ佐藤復活。

これではお店の雰囲気が悪く悪循環な日々が続いてしまったのです。

そんな中、佐藤さんがぼそっと

「もう辞めようかな…」

と私に言ってきました。

相談する人がいなかったんでしょう。

本当は誰かにとめてほしいのかな~とも思いましたが

私は、お店や店長の事も考え

「佐藤さん、ここんところ忙しすぎていっぱいいっぱいになってますよ。これからの人生のことを考えなおしてみるのもいいんじゃないですか?」

と、背中を押してあげました。

それがきっかけなのかわかりませんが、佐藤さんも限界になってきたんでしょうね。その3日後にみんなに辞めると朝礼で発表となりました。

その後…

やめるとなってからの佐藤さんは、イライラする事が少なくなり、当たり散らすこともなくいわゆる普通の人へと。

今までの仕事のプレッシャーや人間関係などからふっきれたみたいに感じました。

一瞬、この状態ならお店にいてもいいのにな~なんてよぎりましたが、いかんいかん、今だけやん。

と思い直しました。あぶないあぶない。

ということで、佐藤さんはこのお店をやめ、店長はすっかり元気になりもとの平和なバイト生活へとなったのでした!

めでたしめでたし

人間関係をうまくしていくには…

今回、この佐藤さんのような性格の人は稀かもしれません。

でも実際、パン屋を見るとここまではないにしろ、こういう似たような人が案外いたりします。

もし、こういう人が身近にいたとしたらまず、

  • 言われたことは必ずやる
  • その人以上に仕事をこなせるようにする
  • 知識をもっておく

というように、言わせない状態を作っておくこと。

それでも言われてしまうときは、相手がカァーっとなっているのでとりあえず落ち着くまでは言わせておくしかないんです。

まともに聞かず、一歩引いて聞いてみましょう。
そうすると、相手がどういうことでこんなにも怒るのかがわかってきますよ。

まずは、相手の感情に流されず、自分自身冷静を保つようにしましょう。

そうすることで、相手にそれ以上の怒りを与えないので最小限にとどまるかと思います。

とにかく、バイトをはじめるのに一番人間関係が大変です。
そこがうまくいけば、あとは仕事を覚える大変さだけです。そこをクリアーできれば、楽しいバイト生活へとなるでしょうね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする